アナウンスルーム

アナウンサーブログ

野尻 英恵
野尻 英恵Hanae Nojiri
ダンボール〇〇始めました!
関東は記録的な早さで梅雨明けし、
東北も本格的な夏が迫っているような天気が続いています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今週のゴジてれChu!の天気コーナーは
「ごみの減量」がテーマです。
 
なぜなら…福島県は一人あたりのごみの排出量が全国ワースト2位↓
不名誉な順位を脱却するために、
みんなでできることを考えていこう!というわけです。


そもそもなぜゴミが多いと良くないのかということなのですが、
ゴミが多いと、焼却のために多くのエネルギーが必要になり、
エネルギーを使うぶん、二酸化炭素を排出するなど
環境に負担をかけてしまいます。

美しい環境を守っていくために…
ごみを減らすことはみんなで取り組んでいかなければいけない
ミッションなんです!


今日は家庭ごみの3割をしめる生ごみをどう減らすか
というアイディアを永井さんが紹介したのですが、
私の「ダンボールコンポスト」もちょこっと紹介してくれました!
時間の都合でお伝えしきれなかったことを
ここで紹介しようと思います。


ごみ排出量ワースト2位の福島に対して、
一番少ないのは、
「長野県」
そう、私の地元です。
 
なんで少なかったのかな…
なにかしていたかな…
と思い返してみたら、

実家で母親が「ダンボールコンポスト」を活用していたな、
ということを思い出しました。

ダンボールコンポストは、
ダンボールに土が入っているだけの《生ごみ処理機》です。

母はよくキッチンの隅に置かれたダンボールに、
生ごみをポイポイ捨てて、かき混ぜてました。

実家に住んでいるときは、なんとなく嫌でしたが、
そういえば匂いも気にならなかったし、
SDGs的にも最高。
今になって実はいいことだったんだと気づきました。
(お母さんごめん。)


そこで早速母に作り方を教えてもらい、
私のコンポストライフが始まりました^^


 
ダンボールの底を二重に補強
ダンボールの底を二重に補強
ピートモスともみ殻くん炭という土を3:2で混ぜる
ピートモスともみ殻くん炭という土を3:2で混ぜる
これだけで完成!ダンボールでつくった脚にのせて床から浮いた状態にします。普段はふたをしてキッチンの端においてます。
これだけで完成!ダンボールでつくった脚にのせて床から浮いた状態にします。普段はふたをしてキッチンの端においてます。
フルーツや野菜の皮などを中心に箱に入れていて
一日一回かき混ぜるようにしています。

まだ始めてから一か月くらいですが、
最初のころに入れたものは分解してきているかな…?
家の中に置いても匂いは全然気にならないし、
ちょっとした実験をしているようで楽しいです。


今の目標は、コンポストで生ごみを分解しつつ良い土を作り、
私が育てているアボカドの苗に与えることです♪

 
マイダンボールコンポストとアボカドのめぐむくん(10ヶ月)
マイダンボールコンポストとアボカドのめぐむくん(10ヶ月)
私が減らせる生ごみの量は大したことないかもしれませんが
できることからこつこつ取り組んでみたいと思います!


そして、
こうした生ごみの減量アイディアコンテストが
行われています。
豪華賞品ももらえるので…
みなさんのお知恵をぜひ教えて下さい♪

コンテストの詳細はこちら
 
全文を読む
>